金利上昇は、住宅ローン借り換えで対応。

低金利が長く続いた日本ですが、このときに、変動金利型の住宅ローンを組んだ人もたくさんいると思います。

 


公定歩合は上がっていませんが、インフレ状況から、長期の市場金利は日本でもあがり出していて、住宅ローン金利もこところ軒並み上昇しています。

 


ガソリンや食糧品の物価上昇にくわえて、月々の支払いまで増えるのではたまったものではありませんよね。

 


より安い金利のものがあれば、借り換えなどで対応しましょう。

借り換えが困難な場合は、保険のリストラなど家計の収支の見直しがいいでしょう。

 


とにかく出ていくものを抑えて、家計をなんとか立て直しましょう。

 


今後消費税のUPなども予想され、いまの打ちに対策を立てて必要がありそうです。

 


そうそう、住宅ローン控除の確認もお忘れなく、地方への税源移譲で、住宅ローン控除分が減ってしまうこともありますので、確定申告で住宅ローン控除をしているひとは、税務署で・・・

 


そうでないひとは、市町村で、届け出を出さないと、地方税が増えた分控除がへってしまいます。

 


これから住宅購入を考えている人は、金利上昇を考えると早めに住宅ローン事前審査をうけておいたほうがいいでしょう。

ページの先頭へ戻る