ポジションとは

FXでは、証券ホームトレードではあまり使わない、ポジションという言葉があります。

 


FXを実際にやっている人はよく耳にする言葉だと思いますが、これは、いったい何のことなのかと、FX初心者の人は思うことだと思います。

 


ここで使っているポジションとは、現在の自分の「持ち高」のことを指しています。

 


具体的にいうと、、豪ドルを10万ドル購入した場合、「買いポジション」を持っていると表現できます。

逆に、豪ドルを5万ドル売りに出した場合、「売りポジション」を持っていると表現します。

 


つまり、FXでいうポジションとは、いくら外貨を買っているか、売っているかという現在の取引でもっている外貨の状況を示す言葉といえます。

 

FXホームトレードでは、買いのポジションのことをロングまたはロングポジション、売りポジションのことをショートまたはショートポジションとも表現することもあります。

 


FXでは外貨を持っていない状態でも外貨を売る状態であるショートポジションからスタートすることができます。

 


FXではこのポジションを増やしたり、減らしたりしながらトレードして利益を得ていくことになります。

 


時にはポジションゼロという状態もあるでしょう。

 


ドルと円の取引ならば 「ドル買いポシション」を持っている場合、 ドルが高くなったときにこれを売れば当然利益がでます。

 


逆に、ドルが安くなったときには、含み損のあるポジションとなり、ロスカットするか、我慢して戻りをまつか、なんぴ゜んするかになります。

 


FX初心者にとっては、ロスカットが一番しにくい方法だとおもいますが・・・

 


FXにおいてポジションの整理はとても重要で、それが一番FX初心者には難しい点だといえるでしょう。

ページの先頭へ戻る